LPI Level 1 Exam 102, Junior Level Linux Certification, Part 2 of 2

LPIC(Linux Professional Institute Certification、呼称:エルピック)は、NPO法人/Linux技術者認定機関のLPI(エルピーアイ、本部:カナダ)が実施しているLinux技術者認定制度です。
日本では特定非営利活動法人LPI-Japanが運営しており、国内での累計受験者は28万人(2016年10月時点)を超える、大変人気のある資格です。試験では、Linuxのシステム管理やサーバ構築など、技術やその運用に関する知識が問われます。
レベル1には101試験と102試験の2つの試験があり、認定を得るためにはその両方の私見に合格する必要があります。
試験名 LPI Level 1 Exam 102, Junior Level Linux Certification, Part 2 of 2
試験番号 102-400
受験前提条件 受験のための実務経験や前提資格保有条件はありません。
試験実施方式 試験方式はコンピュータベーストテスト(CBT)です。
問題数 約60問
試験時間 90分

受験の費用、出題範囲など詳細についてはベンダーサイト( http://www.lpi.or.jp/ )よりご確認ください。

模擬問題数 全327問
内容 パッケージの利用可能日数の範囲で模擬問題全327問をお好きなタイミングで実施することができます。
また模擬問題実施には「テストモード」と「練習モード」の2つのモードがあり、「テストモード」では実際の本番試験と同じ形式で問題を解くことができます。 「練習モード」はご自身で出題形式や問題数を変更し、問題を解くことが可能です。 各モードの詳細についてはFAQをご確認ください。
提供中のパッケージ 10日間利用パッケージ(お試し版) (税抜き ¥2,759-)
30日間利用パッケージ (税抜き ¥5,537-)
60日間利用パッケージ (税抜き ¥6,463-)
LPI Level 1 Exam 101, Junior Level Linux Certification, Part 1 of 2

評価がありません。